annの「元気だしていきましょ」

ann2005.exblog.jp

無理せず自分に正直に。   なりたい自分になる!

<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

…駄目かも

出張先に職場から呼び出し。
今まだ佐渡にいるのに
新潟ついたら職場に戻れとの指示。

今日は練習してお風呂も入って
寝ようかとしてた時の呼び出し。
今日は寝不足で1日辛かった。
体調崩して風邪でも引きそう。
ホントは一刻も早く帰って寝たいところなのに。

…こんなことって。

うまくいかないもんだ。
無事にスタートラインに立つ、
ただこれだけのことさえ簡単ではない。

…なんだか悔しい。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-31 17:36

とほほ

夜22時半に緊急出動の業務命令(泣)
今帰宅。

明日は朝一番の便で佐渡出張。
毎年佐渡大会前は忙しくて、
調整もへったくれもなくなる。
でろでろに疲れてレースを迎える。

まあ、なるようになるでしょ。
じゃなくて、なんとかします。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-31 01:21

「自分は自分」

昨日バイク屋さんに言ったら、そこのおじさんに
「佐渡、芸能人にプロがサポートにつくって話だぞ、おい」
と聞かされた。

…サポートって?

おじさんの話ではカメラの伴走がつくらしい。

…は?伴走?大会で?

芸能人でるマラソン大会ではよく聞くことだけど
トライアスロンですよ。
SPだかペースメーカーだか知らんけど、
ホントがどうか、確かめるすべもないけれど
本当なら、それってありですか?

一人では難しくても、
伴走がつけば完走できる人なんて
一般の参加者の中にも沢山いると思う。
そんなんフェアじゃないじゃん。
近藤雅彦やリサさんに伴走ついたかぁ?(怒)
もし、噂が本当なら、
開会式で事務局から参加者に
きちんと説明してもらいたい。

初心者相手に目くじらたてることないと思いつつ、
エントリーの時のアンフェアな扱いも思い出して
気持ちくすぶる。

思わず、息子達にこれこれ云々と愚痴を言う。
息子達も口々に
「伴走?」
「トライアスロンの『自分の責任は自分でとる』精神は?」
「もはやトライアスロンじゃないじゃん」
と合いの手を入れてくれる。

ただ、その後すぐこんな言葉も。

「母さん、自分は自分、人は人」
「そうだよ。母さんは自分のレースに集中だよ」
と。

…く〜(涙)
…そうでした。
危なく、自分の中が「濁った感情」でいっぱいになるところだった。

…今年の私は頑張った。
振り返って、思い返すだけで、
胸がいっぱいになって
まるで、もうゴールしたみたいな感激が溢れて、べそをかくくらい。

不安をあげればキリがない。
でも、これだけ練習してきたんだから。
これで駄目なら、泣いても泣ききれない。
だから、よけいに怖い。
怖くて仕方がない。
でも「運」も実力のうち。
言い訳せず、自分を信じてトライアスロンの神様の力に導かれるままにやるだけだ。

息子達はさすがだ。わかってる。
ずっと私の努力を見ていてくれただけのこと、あるね。
かっちゃん、たいちゃん、ありがとう。
母さん、頑張るよ。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-29 21:42

今日は応援

e0060919_14291966.jpg

今日は新潟市民水泳大会。
私はお弁当持って応援です。
今日のメニューは、
鳥の照り焼き、卵焼き、オクラのベーコン巻き、
チーズちくわの磯部揚げ、それとお赤飯のおにぎり。

料理するのは苦にならない。
家でも毎日食卓からはみ出す位に作りすぎてしまう。
料理のレシピ本を見るのも大好き。
最近は、身体のことを考えて、野菜料理のレシピを研究中。
美味しいと言って、モリモリ食べてくれる人がいると
作り甲斐があります。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-28 14:29

e0060919_11481112.jpg

空は秋だね
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-27 11:48

体重がやばい

今日は休みをとって人間ドックへ行った。
OFFシーズンにガンガン泳いでいたし、
その後も順調に練習できたので、
例年より体絞れている上
この前の大会からこっちまた体重が落ちた。
ドックの計測でも
「ずいぶん減りましたけど、どうかしました?」
と言われる始末。
ベストかなあと思ってた昨年マイナス4〜5キロよりも、さらに3キロ減。
一度落ち出すと簡単に落ちるみたいだ。

この間のレースは私にしては頑張ったから?
やっぱ、心拍数あげると痩せるんだ。
速い人にスマートな人が多いのはそのせいかなあ?(笑)

でも、いくらなんでもやばくない?
こんなんじゃ佐渡でバテちゃうよ。
風で飛ぶかも(嘘)

ロングだからね。
あと2キロ位増やしてレースに臨もう。

…しっかり食べなきゃ!
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-26 15:08

自分へ

「人のことをとやかく言うのは
自分のことをやれていないから」

レースが近づくと、周りの人が強く見えたり、
周りの仕上がり具合に気持ち焦ったり、
周りにいろいろいいたくなりもするけど。
そんな時、自分に言い聞かせてみる。
…自分のこと、ちゃんとやれてる?

自分のこと、できることを一心不乱にやっていたら、
周りの人がどうあれ、あんまり気にならなくなるはずと思うんよ。
腹も立たなくなるし、頭にもこなくなる。
ただただ自分にできる精一杯をやるだけ。
思うようにできる今この時に感謝するだけ。

…そんなありようが、私は好きです。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-26 14:49

咳が止まらない

お盆前から出始めた咳。
薬が切れると、すぐにひゅ〜ひゅ〜、
喘息みたいになってしまう。
よく大会で走れたものだ。
ゴールした後、咳込んで困ったけど。

今朝も出勤前に薬を取りに来ている。
早く治まりますように。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-25 09:03

うつくしま大会の速報に

JTUのホームページの
うつくしま大会の速報の記事に、
うちのチームリーダーSさんの満面の笑みの写真が載ってました。
この笑顔、温海大会のポスターに使われたこともあります。
みんな、この笑顔にイチコロ?(笑)
もはや全国区だね。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-24 18:06
思うところあって、迷いに迷った末
「うつくしまトライアスロン大会in会津」に出場しました。

朝3時半起床、4時出発の日帰りです。
行きの高速運転では生あくびが止まらず
「あ~調子悪いかも~」
と不安になりました。
おまけに朝から雨・・・てか、福島は時折土砂降り。
寒いのなんのって。
車の温度計では外気温は17度位でした。

佐渡大会への暑さ対策と
私の永遠の課題である「バイクの後のラン」
酒田大会での撃沈以降、
自分なりに、苦手意識を払しょくしようと努力してきたつもりだったので
その手ごたえというか、手掛かりというか、
そんなものを得たいと思っていました。

でも。
バイク&ランに時間をあてたせいで、スイムがおろそかになり
私にしては珍しく「数週間プールに行かない」なんて日が続き、
先週あたりに久々プールにいって、あまりの泳げなさに愕然となる始末。
スイムはこの1週間でなんとかしたようなもの。
・・・ほんと、どうなることかと思いました。

初めて泳ぐ猪苗代湖の水は・・・汚かったし、まずかった。おえ~。
私は断然海の方が好きですね。
日本海はキレイだし。
塩辛くないのが、なんか不思議でした。
視界0で、普段はあんまりしないヘッドアップも多用しました。
できるようにしておいてよかったです(苦笑)
あと、なんだか変なうねりや波があって
部分的には泳ぎにくかったです。
コースが広いのに、やたらぴったり横についてくる男にも頭にきました。
蹴飛ばしてやろうかと思った。
たぶん28分位。この練習量でこの状態で上出来でした。

寒さなのか、雨でぬれていたせいか、
トラジッションには手間取りました。
バイクはほぼフラットですがUターンの多い複雑なコース。
おまけに路面が雨で濡れていたので落車が怖かった。
40kを長く感じたので、調子は今いちだったのかもしれません。
中盤、ちょっとダレちゃいました。
実測で1時間21分位。
カーブの度に減速していた割にはよかったかも。
後半沢山の人に追い越されましたが。

ランへのトラジッションも、靴ひもがうまく結べず苦労しました。
やっぱ、イージーシューとかにしないと駄目かな?
コースは、これまたカーブが多い、おまけにかなり砂利道を走らされました。
ただね。あいかわらずスピードはないけど、
今回は最後までしっかり走れました。
ってか、走らなきゃ駄目だと思って、頑張りました。
走りながら
「こんなに練習してきたんだから走れない訳がない」
って思った。こんな風に思ったのは初めてでした。
ラスト2km位から舗装された道になったのでビルドアップしました。
ゴールの少し手前で、新潟からの参加の男性Sさんを追い抜いたら
ついてきたので、最後、意地で振り切りました。・・・大人げなかったですが。
ランでこんなことしたのも初めて。
いつもは振り切られる専門ですから。

ゴールタイムは手元の時計で2時間45分位。
まだまだ大したことない記録ですが、私の51.5の自己ベストです。
恥ずかしながら、これまで、
どうしてもどうしても50分を切れなかったんです。
ほぼフラットという利点はあったけど、
この悪天候の中、不整地を走ったりカーブ曲がったりのこのコースで
このタイムは満足ですし、今の力を出し切れたと思えます。

表彰式。
同じカテゴリーに佐渡B入賞の常連さんなんかもいたので
駄目かなあ~って思ってたのですが
40代女子の部で2位になれました。
1位の人はカテゴリー別(40代前半の部?)みたいだから
この結果にも満足しています。
実は。。。2位の賞状を頂いて、嬉しくて涙でました。
これまでも、年代別入賞も1位も頂いたことがありますが、
今回こそは嬉しかった。
「練習が報われた」と思ったし、
初めてショートのレースで「レースができた」みたいに感じました。

ほんとは佐渡直前のこの時期に大会に出て
また失速したら凹むだろうなあ・・・と正直不安でした。
でも、今日のレースで、なんとなくわかったことがあります。
次は佐渡です。
自分を信じて粘ってちゃんとレースができますように。
・・・できるだけ頑張ります。

追伸

大雨の中、大会を運営してくれたスタッフ、
支えてくれたボランティアの皆さんには感謝です。
バイク、ランのカーブの度に声を枯らして指示して頂いて。
あのコースで、あの路面状況で、事故がなかったというのは素晴らしい。
「事故は起こさせまい」とするスタッフの方々の想いが選手に通じたのでしょう。
「ポイ捨て禁止」「ボランティアに対する罵声の禁止」「開会式参加の義務、閉会式のマナーの遵守」など
当たり前でもふとルーズになってしまうことが大切にされている大会と感じました。
開会式の挨拶であった
「皆さんはアスリートである前に一人の人間なんですよ」
「せっかくの日曜日にお手伝いしてくれているボランティアの皆さんに
大会終了後、ごみ拾いなんてさせないでください」
の言葉・・・胸に染みました。
いろいろなところから参加者が集まるせいか、
出場選手のレベルも高いと感じましたが選手の意識の高さも感じました。
大会の姿勢、スタッフの姿勢が選手にも伝わるのでしょう。
うつくしま大会はフアンが多いと聞いていましたが納得です。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-08-21 21:29 | トライアスロン・マラソン

無理せず自分に正直に。   なりたい自分になる!


by an_angels_egg