annの「元気だしていきましょ」

ann2005.exblog.jp

無理せず自分に正直に。   なりたい自分になる!

2011年 06月 12日 ( 2 )

「高速料金週末1000円もあと少しだからドライブにいかないか?」
と誘われた。
ホント言えば今年の緒戦1週間前。
本当であれば大事な大事な週末だけど
こういう時に「練習優先」の自分ではいたくない。
練習をしないことにひっかかる気持ちもあったけど
二つ返事でOKした。
急に「子供同伴」になって、ちょっとすねたけど
結果的には楽しかった。

早朝5時に新津を出発。
関越道で群馬まで行き、中央道で長野へ出て
上越周りで帰ってきた。
約10時間600kの道のりを
一度も高速を降りず1周1000円。
新津発着の600kオーバーの旅。
途中彼の仕事絡みで高速売店を視察したり
上越の宮で味噌ラーメンを食べたり。
戻ってきて、高速の料金所ではETCのゲートが開かず。
係のおじさんに
「高速ぐるっと一周が駄目という訳ではありませんが
高速はどこか目的があって乗るものなんで」
と言われた。

毎週末練習追い込んで廃人になっている私にとっては
なんていうのかな・・・リラックスできたい一日だった。
普通のお母さんや奥さんは
練習しないで、こんな週末を過ごしているんだなって思った。

トンネルってあっちとこっちから掘り始めて、
どうしてちゃんとつながるんだろう?なんて、
どうでもいいことをワイワイ話しているのが楽しかった。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-06-12 22:47 | ひとりごと

泣きそうになった

今日は次男の高校のフェスティバル。
俗に言う体育祭みたいなもんだ。

例年、佐渡チャレンジライドとぶつかっていて、
観に行ってやれなかった。
今年は最後の年だから、
チャレンジライドは見合わせて、
bike練兼ねて観に行った。往復50kちょっと。
いいスピード練習になった。

子供達のことはこれまでも何度か書いたことがあったけど、
うちの子は2人とも「昼間の盲」だ。
夜盲症ってのがあるけどその反対。
目に入ってくる光の調節ができなくて、
強い日差しの元では見えなくなってしまう。
…だから、今日の午後みたいに晴れるとたぶん見えない。

子供の体育祭を観に行くのは正直いつも辛かった。
見えなくて走れず、苦戦している子供達を見るのは
私自身が辛かったし、
思うように動けない姿をさらして、
周りに迷惑をかけてる子供達を見るのも辛かった。
…たぶん、親の私のエゴもあったのだと思う。

今日、学年全員リレーで
誰の手助けも受けずにバトンを受け、
トラックを(たぶん勘で)走っている次男の姿を見て泣きそうになった。
確かに遅くて、チームの足をひっぱってたけど、
小中学生の時みたいにもの凄く差が開いた訳じゃなかった。
凄い進歩だ。

私はいつも自分に自信がなかった。
子供達をちゃんと見えるように産んでやれなかった自分を
いつもどこか許せなかった。
だから、自分を追い込んでいじめてきたのかも知れない。

練習でヘロヘロになって、格好悪くて
大したことない自分を確認することで
口では偉そうなこと言っても、私は所詮こんなものよって思い知ることで
子供達の辛さやしんどさを知ろうとしてきたのかも知れないし
子供達に偉そうなこと言えない大したことない自分を
忘れずにいたかったのかも知れない。

でも、子供達はちゃんと自分の力でいろんなことをクリアして、
元気で呑気で笑顔いてくれる。
親の私に元気をくれる。
…これってかなり幸せなことなんじゃないか?

もうすぐ親としての私の努めは終わりになるのかも。(希望)
その時、さらりと去れる自分でありたいな。
[PR]
by an_angels_egg | 2011-06-12 02:11

無理せず自分に正直に。   なりたい自分になる!


by an_angels_egg