annの「元気だしていきましょ」

ann2005.exblog.jp

無理せず自分に正直に。   なりたい自分になる!

昨日の出来事

昨日の夜、次男を塾に送っていく時
2階から降りてくる次男を、階段下から見ていたら。

・・・ん?

何かおかしい。

・・・あの・・・その・・・次男の股間のあたりが。

スリムのジーパンの左腿の付け根が膨らんでいるのだ。

「ねえ。それ、どうしたん?」と私。
「・・・なに?」と次男。
「ここ、腫れてるじゃん」と私が触ったら
「きゃー変体!」と次男は叫んだ。

・・・男の子のアレだった(恥)

でも、でも、これっておかしいでしょ(汗)
アレって真ん中にあるものでしょう?
片方の脚の付け根にコンモリって、外から見てわかるって、
変でしょ?かっこ悪いでしょ?

階段下で、私と次男が言い合っていたら
「どうしたん?」
と、長男が2階から降りてきた。
これこれ、しかじかと私が説明すると、長男は
「どれ?(笑)」
「キャー、えっちー」
長男に触わられて次男が悲鳴を上げる。

「わかった!おまえ、ズボンを上に上げすぎなんだよ」
おもむろに、長男は次男のズボンのベルトを緩め、
次男のジーパンをぐっと下げた。
「きゃー!変体!きゃー!」
次男は叫ぶ。
「あんまりパツパツにズボンを上まで上げるからおかしいんだって!
この位にしとけ。
・・・それにしても、おまえ・・・でかくない?」
と長男。
「うるさい!いうな!きゃー」
次男はまた叫ぶ。
2人のやりとりがおかしくて、となりでゲラゲラ笑う私。

「あれ?」
長男は次男のジーパンのチャックを下げてジーパンを下ろした。
「きゃー!」
次男はジーパンを抑えて抵抗している。
・・・な、な、何するの?・・・私もちょっと焦る。

「・・・おまえ、こんなパンツ持ってたっけ?」
と長男。
「うん、うん、うん」
次男はジーパンを抑えて必死に頷いている。
次男が今日履いていたパンツ、
それは、最近私が次男に買ってやった、ボクサーパンツってやつだった。
「かずきにも、買ってあげようか?」
と私。
「いらねえよ」
と長男。
「なんで?フィット感抜群だよ~」
とジーパンをあげながら次男は呑気にいった。


・・・品のないお話ですみません(ペコリ)
[PR]
by an_angels_egg | 2008-06-25 21:20 | ひとりごと

無理せず自分に正直に。   なりたい自分になる!


by an_angels_egg